既卒がベンチャー企業で働くメリットとデメリットをまとめて解説

既卒の場合、大手を狙うよりベンチャーを狙うほうが就職しやすいといわれています。

そんなベンチャー企業に既卒が就職することにどんなメリット、デメリットがあるのかをここで紹介します。

スポンサーリンク

既卒がベンチャー企業で働く4つのメリット

メリット1:大手企業よりもいろいろな業務を経験できる

ベンチャー企業のメリットは、大手に比べて色々な業務を経験できることです。

大企業、成熟しきった企業では、経験できる仕事の幅はかなり狭まります。

大企業は、営業だけでも「営業1課」「営業2課」「法人営業」「個人営業」など、たくさんの部署に分かれています。配属後は細分化された一部の仕事だけしか経験できません。

また歴史ある大企業は、業務を効率化させるために、独自で作った社内システムや社内ルール、社内用語などがあります。

たとえば日立製作所は、独特の社内用語あることで有名です。(参考「鈴木部長は(スズ)じゃないと失礼」 日立独自の「表記ルール」が面白いと話題に

一方で大企業でのスキルや知識、経験は、他の企業で使えない場合があります。その企業に特化したものだからです。

もちろんすべての経験が他社で役立たないわけではありませんが、その傾向は強くなります。

「転属があるから、大企業でも色々な業務を経験できるんじゃないの?」という疑問もあるでしょう。しかし転属しても、細分化された仕事の1つを、転々とするだけです。

結局、どの部署にいっても大したスキルは身につかない場合があります。

一生転職しない自信があるなら大企業でも十分かもしれませんが、今どき一度も転職しない人はかなりまれです。

ベンチャー企業は、1年目からいろいろな仕事が経験できる

一方、ベンチャー企業では1年目から幅広い業務を経験できます。

たとえば私は、社員7人のスマートフォンアプリをリリースする企業に制作ディレクター(企画や宣伝、スケジュール管理などの業務を担う)として就職しました。

そこで経験したのは、ディレクターの仕事だけでなく、人事として採用に携わったり、面接官をしたり、新人教育をしたり、大企業なら数年は働かないと任せてもらえないような仕事の数々でした。

大企業だと、入社してから半年~1年は、ダラダラ座学の研修を受けたりするのですが、そんなものはありません。

1つの仕事を覚えたらすぐに次の仕事、といったようにどんどん新しい仕事を任されます。

新規事業の立ち上げに携わったり、主力事業に携わったりすることもあります。実際私は、それを経験しました。一度、経験してしまうと、大企業なんて遅くて退屈になってしまうはず。

もちろんベンチャー企業と一口にいっても色々あるので一概にはいえませんが、大企業よりも経験できる業務の幅が広いのは確かです。

メリット2:自分の仕事の成果がわかりやすい

企業規模が小さいので、自分の成果がわかりやすく、やりがいを感じやすいのがベンチャー企業のメリットです。

たとえば、大口の顧客を獲得したら、会社の売上は目に見えて上がります。自分の頑張り、自分の貢献度が、目にみえてわかるのです。

大企業は規模が大きすぎて、自分の仕事がどれくらい利益に貢献しているのかまったくわかりません。自分は単なる歯車の一つにすぎないのという感覚になるので、仕事にやりがいを感じにくいです。

それでも割り切って仕事ができるならいいですが「ある程度のやりがいもほしい」と考えるなら、企業の規模は考慮したほうがいいでしょう。

メリット3:社長との距離が近い

社長は同じオフィスの同じ部屋にいます。一緒にランチに行くことだってあります。

社長の距離が近いので「企業の状況」「これからの戦略・経営方針」を聞けたり、それに対して意見を求められたり、議論を交わしたりすることが日常的にあります。

自然と経営者視点を持てるようになります。スキルアップにもなります。

一方で、大企業なら社長は雲の上の存在です。千人規模の会社になると「社長の姿はテレビやネットでしか見たことがない」という人もいます。

実在しているかわからない雲の上の存在の経営陣によって、自分の処遇を決められてしまうのが大企業です。それが嫌ならベンチャー企業や中小企業はおすすめです。

メリット4:裁量権の大きい仕事を任せてもらえる

裁量権とは、業務の進め方や予算などを決める権利のことです。簡単に言うならば仕事を自由に進められる権利のようなものです。

「裁量権を持って仕事をしたい」という理由で転職する人がいるほど、「裁量権」は仕事において重要な要素です。

大企業であれば、3年目になるか、もしくは役職がつくまで仕事の裁量権はほぼありません。それまでは、上司の指示に従うのが仕事です。

一方、人が少なく仕事が多いベンチャー企業では、入社1年目でも慣れれば裁量権を持たせてもらえます。

仕事の進め方はすべて自分で決め、最終チェックだけ上司、あるいは社長にもらう、という流れで仕事をすすめることになります。

誰かが指示をくれるわけではないので、自力で仕事をこなしていく大変さはあります。やりがいや成長は格段に大きいです。

メリット5:既卒はベンチャー企業に就職しやすい

そもそも、既卒はベンチャー企業に採用してもらいやすいのです。というよりベンチャー企業や中小企業が既卒を狙っているともいえます。

なぜ、ベンチャーや中小企業は既卒を狙うのか。その理由はベンチャー企業や中小企業は、新卒が応募してこないからです。

新卒は知名度や大きさで企業を選びがちです。ベンチャー企業を選ぶのは一部の成長意欲が高い学生だけです。ベンチャー企業は新卒から不人気なのです。

そこで若手の力を必要としているベンチャー企業は既卒に声をかけます。

またベンチャー企業は結果主義なので、学歴や資格を気にせず採用してくれる企業がほとんどです。これも大きなメリットなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

既卒がベンチャー企業で働く3つのデメリット

デメリット1:忙しい場合がある

「ベンチャー企業は忙しい」というイメージがあると思いますが、たしかにベンチャー企業は、忙しい場合があります。

そもそも採用活動を行う企業は、業績が右肩上がりで「仕事が増えるが、人手が足りない」という状況の企業です。

ですから忙しい場合が多いのです。

実際、定時という概念が存在しないような企業もあり、終電近くまで仕事をする日もあると耳にすることがあります。

もちろんすべての企業がそうというわけではありません。最近では働き方を見直す企業が多くあり、定時帰宅が当たり前の企業や、リモートワークが許されていたり、週4勤務の企業など大企業よりも働きやすいベンチャー企業が増えてきています。

労働環境は企業によって千差万別です。入社する前にしっかり確かめておくようにしましょう。

忙しい企業かどうかを調べる際は、「転職会議」という口コミサイトを使うのがおすすめです。実際に働いていた社員による口コミが掲載されており、労働環境を知るのに役立ちます。

デメリット2:組織が未整備

創立3年ぐらいのベンチャー企業に見られる特徴ですが、組織が未整備な場合があります。

たとえば、

  • 業務マニュアルが存在しない
  • 人事部、経理部が存在していないため事務仕事が多い

このようにできたばかりの会社であるがゆえに、未整備の部分が多々あるのです。

「いろいろな仕事を経験できる」と捉えることも可能ですが、大変であることは間違いありません。

デメリット3:大企業よりも倒産するリスクが高い

大企業でも倒産するリスクはありますが、やはりベンチャー企業の方がそのリスクは高いです。

大企業であれば複数の事業が収益源となっているため、1つの事業がなくなってもすぐに潰れることはありません。

しかしベンチャー企業は1つ、2つの事業でなんとかやっている場合があります。その主力ビジネスから収益を上げられなくなった場合、会社の存続は危うくなります。

ただし企業規模が大きくない分、経営が危うくなっても他の企業が買収してくれる場合があります。経営陣が入れ替わって従業員はそのまま働き続けられる場合もあるのです。もちろん従業員も総入れ替えの場合もありますが。

万一リストラになったとしても、ベンチャー企業で経験・スキルを積んでおけば、転職先に困ることはありません。

スポンサーリンク

ベンチャー企業といって色々なタイプがある

ベンチャー企業といって様々


ベンチャー企業のメリット、デメリットを一通り紹介してきましたが、あくまで一例です。

前述のとおり、忙しいベンチャー企業もあれば、忙しくないベンチャー企業もあります。

ベンチャー企業といいつつ、すでに大企業のような安定運営をしてしまっているベンチャー企業もあります。

ベンチャー企業といっても色々です。ベンチャー企業に就職しようと考えている方は、業務内容や社風、社員の価値観、忙しいのかどうか、といったことをしっかり確認するようにしましょう。

就活がうまくいかない場合はエージェントを使う

「ベンチャー企業が自分に向いているかわからない」
「働くやすいベンチャー企業を教えてほしい」

などなど就活に疑問や不安があるならエージェントがおすすめです。プロの就活アドバイザーが、就活の進め方を教えてくれるほか、選考のアドバイスや企業の紹介をしてくれます。

驚くほど就活が楽に進む場合もあるので、行き詰まったときは利用してみてください。

【既卒に強いエージェント】

  • 第二新卒AGENTneo:8時間以上の充実したサポートが魅力のエージェント
  • JAIC:就職成功率80%を超える実力派エージェント

※エージェント解説記事はこちら

その他、既卒の就活に役立つ情報

タイトルとURLをコピーしました