【職場の人間関係の悩みは転職で解決すべき】その理由について

転職活動を進める

職場の人間関係の悩みを解決する方法はいくつかがありますが、もっとも手っ取り早くて確実な解決策は、転職です。

なぜ転職がもっとも確実な解決方法なのか?

この疑問について解決します。

スポンサーリンク

人間関係の悩みは転職で解決すべき

一度壊れた人間関係の修復するのは困難

glass-101792_640

転職すべき理由は、一度壊れた人間関係は、修復が難しいからです。

また一度ついてしまった印象を変えるのも困難だからです。

相手から敵視された、嫌われた場合、相手の自分に対する印象を変えるのは大変です。

自分に置き換えても、苦手だと思っていた人・嫌いな人を時間が経ってから好きになることはめったにないはず。

もちろん、しっかり相手に向き合い、対話し、理解し合えば、仲良くなれるかもしれません。しかしその努力をするのは大変なものです。

相手を変えるよりは、環境を変えるほうが、確実で労力も少なくて済みます。

転職は職場の人間関係をリセットできる

職場の人間関係はギャンブルのようなものです。合うか合わないかは完全に運です。自分ではそうすることもできません。

今の職場で、良い人間関係が構築できなかったのは、運が悪かったのです。ならば一度転職して、人間関係をシャッフしてみるのもありです。

転職してしまえば、すべての人間関係が変わります。

ウザい上司も、面倒な同僚や先輩も、一切いなくなります。

つまり人間関係をリセットできるのです。

もちろん、運悪く人間関係が面倒な職場に転職してしまう可能性はゼロではありません。しかし現職に残れば、悪い人間関係が良くなる可能性も低いのです。

ゆえに筆者は職場の人間関係の改善には、転職をおすすめします。

スポンサーリンク

「本当に転職できるの?」と不安がある方へ

転職できるかどうかの不安がある人もいると思います。

「誰でも簡単に転職できる」なんてことはいえませんが、転職はそれほど難しいことではありません。会社員の50%が一生のうちに一度は転職を経験するといわれています。

理想の会社に転職できるかどうかは別として、転職は多くの人が経験している一般的なことです。

不安がある方は、dodaのようなサービスを使ってみてください。無料で利用でき、転職アドバイザーが相談にのってくれます。転職できるかどうかも教えてくれるはずです。

その他、以下のページでも転職できるかどうかを確かめる方法を紹介しています。

また転職の不安がある方には以下の本が非常におすすめです。

まさに「私でも転職できる?」という不安を解決するような話が紹介されています。また転職活動の進め方も丁寧に紹介しており、非常に参考になります。

スポンサーリンク

現職の残るあなたに知ってほしい2つのこと

転職は体力のいることです。ですから誰にでもおすすめできることではありません。

もし現職に残るなら、次の2つのことを覚えておいてください。職場の人間関係が少し楽になるかもしれません。

1:会社で満足できる人間関係は築けないと割り切る

いい人間関係を気づけるのが理想ですが、人間関係はギャンブルのようなもので、あなたがコントロールできるものではありません。

上司、先輩、同僚のすべてが運で決まる以上、会社の人間関係で問題を抱えるのはごく自然なことです。

「満足できる人間関係を築きたい」などと考えても仕方がないこと。無理に仲良くする必要もありません。

むしろ「会社の人間関係なんて良くないのが当たり前」「ストレスがあるのが当たり前」といったように割り切るようにしましょう。

2:社外の人間関係に注力する

社外で人間関係をつくることをおすすめします。社外の人間関係がうまくいけば、会社の人間関係がどうでもよくなってくるからです。

社内の人間関係はあなたが会社を退職すればそれで終わってしまう限定的なものです。努力して良好な人間関係を築いたとしても転職があればその時点で人間関係は意味がなくなります。

また会社という狭いコミュニティのなかにいると視野が狭くなり、その中で問題が起こると人生が終わってしまったように錯覚します。

実際会社は数ある場の1つでしかありません。それを確認するためにも、会社の外で人間関係の構築するのがおすすめです。

他社の人と接する機会を持つことで、自分の会社のことを客観的に見つけられるようになりますし、別の人間関係が良好であるなら、会社の人間関係がどうでも良くなります。

社外の人間関係を探すときは、趣味のサークルなどがおすすめです。ネットで検索すると、たくさん見つかるはずです。

ただし、ネットワークビジネスの勧誘目的や出会い目的のサークルがたくさんあるので注意してください。

その他、当ブログの関連記事

タイトルとURLをコピーしました