なかなか新しい仕事が覚えられない…、その原因とは? 改善方法とともに徹底解説

「仕事がなかなか覚えられない」という悩みを解決するべく、仕事が覚えられない原因と、その改善策について、解説しました。

目次

過度のプレッシャーとストレスを感じている

新しい職場では、未知の環境や高い期待によるプレッシャーが生じます。

そしてストレスは集中力や記憶力に悪影響を及ぼすことがあり、新しい情報を効率的に学ぶことを妨げる可能性があります。適度な休息を取り、ストレスを管理することで気持ちを落ち着かせることが大切です。

プレッシャー、ストレスを減らすためには?

プレッシャー、ストレスを減らし、仕事を覚えられるようにするにはどうしたらいいのか? 具体的な方法を紹介します。

リラクゼーション技術の活用する

短い休憩を取り、静かな環境で数分間目を閉じて深呼吸するだけでも効果的です。

リスト作成と優先順位付けする

仕事のタスクをリストアップし、優先順位をつけることで、何から手をつければ良いかが明確になり、ストレスを軽減できます。「今日終わらせるべきこと」と「今週中に終わらせるべきこと」など、期限を設定すると良いでしょう。

十分な休息と睡眠を取る

良質な睡眠と適切な休息は、ストレスを減らし、仕事の効率を上げるのに役立ちます。
定期的に短い休憩を取り、夜は十分な睡眠をとることを心がけましょう。

適度に運動する

適度な運動はストレスを減らすのに役立ちます。ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど、自分に合った運動を見つけましょう。運動することで、エンドルフィンが分泌され、気分がリフレッシュされます。

サポートを求める

上司や同僚に相談することも大切です。彼らからのアドバイスやサポートが、ストレスを軽減するのに役立ちます。
時にはプロのカウンセラーに相談することも考えてみてください。

学習スタイルが自分に合っていない

人には視覚的、聴覚的、実践的など、自分にあった仕事の学習スタイルがあります。仕事の覚え方が、自分のスタイルに合っていない場合、なかなか身につかない場合があります。

自分のスタイルを理解し、それに合わせて情報を整理することが大切です。

自分にあった学習スタイルを知り、取り入れる

たとえば学習スタイルには大きく分けて「視覚的学習者」「聴覚的学習者」「実践的学習者」の3つがあります。

  1. 視覚的学習者
    • 例:図表やグラフ、ビジュアルエイドを使って学ぶと理解が深まる。
    • 具体的な方法:新しい仕事の手順をイラストやフローチャートで書き出してみる。プレゼンテーションやビデオ教材を活用する。
  2. 聴覚的学習者
    • 例:説明を聞いたり、ディスカッションを通じて学ぶと効果的。
    • 具体的な方法:ミーティングでの説明を注意深く聞く、質問をすることで理解を深める。オーディオブックやポッドキャストを利用する。
  3. 実践的学習者
    • 例:実際に手を動かしてみることで、より効果的に学べる。
    • 具体的な方法:実際に仕事をしてみる、シミュレーションやロールプレイを通じて学ぶ。

これらのスタイルを理解し、自分がどのタイプに当てはまるかを考えてみましょう。

例えば、視覚的学習者なら、新しいタスクを覚える際には、図解入りのマニュアルを作成すると効果的です。聴覚的学習者であれば、仕事の指示をオーディオレコーダーで録音して後で聞き返すといいでしょう。実践的学習者なら、実際に手を動かしながら学ぶことが重要です。

自分に合った学習方法を見つけることで、新しい仕事を効率的に、そして楽しく習得できるようになります。

会社が用意する研修や指導が不十分

そもそも職場での研修や指導が不十分な場合があります。このような場合、必要な知識やスキルを習得するのが難しくなります。

ではその場合、どうすればいいのでしょうか。

研修や指導が不十分な場合、どう仕事を覚えればいいのか?

自主的に学ぶ

職場でのフォーマルなトレーニングが不十分な場合、自主的に学習することも重要です。社内固有の仕事以外は、外部のセミナー、関連する書籍や教材を利用して学ぶこともできます。例えば、仕事に関連するスキルを身につけるためのオンラインチュートリアルやウェビナーを探してみる、業界のトレンドについて書かれた最新の記事や書籍を読むなどが挙げられます。

メンターや同僚に積極的に質問する

職場のメンターや経験豊富な同僚に積極的に質問し、アドバイスを求めることも効果的です。実務経験に基づく具体的なアドバイスを得ることができます。例えば、ランチタイムや休憩時間に簡単な質問をするのもありです。

実践を通じて学ぶ

実際に仕事を行う中で学ぶ「オン・ザ・ジョブ・トレーニング」も非常に効果的です。実際の業務を通じて必要なスキルや知識を身につけることができます。新しいタスクに取り組む際は、まず小規模なプロジェクトから始め、徐々に難易度を高めていくことがおすすめです。

フィードバックを積極的に求める

定期的に上司や同僚からのフィードバックを求めることで、自分の進歩を確認し、改善点を見つけることができます。プロジェクトの終了後にフィードバックを求める、定期的なパフォーマンスレビューでの評価を受けるなどがあります。

自分の学習スタイルを理解する

繰り返しになりますが、自分がどのように学ぶのが最も効果的かを理解することが重要です。視覚的に学ぶのが得意ならビジュアルエイドを使う、聴覚的に学ぶのが得意ならオーディオ教材や会話を重視するなど、自分に合った方法を見つけましょう。積極的に質問をし、色々教えてもらうことが重要です。同僚や上司からの具体的なフィードバックや指導を受けることも有効です。

情報過多、覚えることが多い

そもそも覚えることが多すぎるという可能性もあります。情報を小分けにして、優先順位をつけながら一つずつ確実に理解することが効果的です。

情報過多の場合の対処法とは?

情報の整理を整理、優先順位付けを行う

新しいタスク、プロジェクトの指示、会社のポリシーなど、一度に多くの情報が提供されると、何が最も重要で緊急かを判断するのが難しくなります。このような場合、情報を整理し、優先順位をつけることが重要です。例えば、タスクリストを作成し、それぞれの緊急度と重要度に基づいて順序付けを行いましょう。

重要な情報の見逃さないようにする

大量の情報の中で、本当に重要なポイントや細部が見落とされることがあります。会議の際には、重要なポイントをメモしあり、後で確認のため資料を求めるなどの方法が効果的です。

タスクを絞って集中力の低下を防ぐ

一度に多くの情報を処理しようとすると、集中力が散漫になり仕事が困難になることがあります。一つのタスクに集中し、完了したら次のタスクに移るという方法で、集中力を維持することが重要です。

ストレス管理を行う

情報過多はストレスを引き起こすことがあります。特に、新しい職場でのプレッシャーと組み合わさると、このストレスは増大することがあります。ストレス管理のために、定期的な休憩を取ったり、深呼吸したりするのも効果的です。

不安や自信の欠如

新しい環境への不安や、自信の欠如は、仕事を覚えることを妨げる場合があります。自分の能力を信じ、小さな成功を積み重ねることで自信をつけることが大切です。また、ポジティブな自己対話や成功体験の思い出しも自信を高めるのに役立ちます。

自信を身につける方法とは?

小さな成功を積み重ねる

小さなタスクや簡単な業務から始めて、徐々に大きなタスクに取り組むことで、自信を徐々に築いていくことができます。小さな成功を積み重ねることで、大きな成果を上げる自信につながります。

ポジティブな自己対話をする

自分自身にポジティブな言葉をかけることで、自信を育てることができます。自己批判を避け、自分の長所や過去の成功体験に焦点を当てることが重要です。

適切な目標設定

達成可能な目標を設定し、それを達成することで自信を高めることができます。無理な目標ではなく、段階的に達成できる目標を設定することが重要です。

フィードバックを積極的に求める

上司や同僚からのフィードバックを積極的に求めることで、自分の進捗や改善点を客観的に知ることができます。ポジティブなフィードバックは自信を高め、構築的なフィードバックは成長の機会となります。

健康状態やライフスタイルの乱れ

健康状態は生活習慣が仕事を覚えることを妨げている場合があります。睡眠不足、栄養不足、運動不足などが、集中力や記憶力を低下させる可能性があります。

改善するには規則正しい生活、バランスの取れた食事、適度な運動を心がけることが重要です。

コミュニケーションが不十分

職場内のコミュニケーションが不十分な場合、必要な情報、重要な情報が伝わっておらず、仕事の要点がわからず、仕事が覚えられない場合があります。

明確で効果的なコミュニケーションを行うことが重要です。積極的に質問をし、誤解を避けるために確認することが大切です。

うまくコミュニケーションを取るにはどうすればいいか?

明確で直接的なコミュニケーション

タスクや期待については、可能な限り明確に、必要に応じて具体的な例を用いて伝えることが重要です。疑問があればすぐに確認することが大切です。

アクティブリスニングの実践

コミュニケーションは話すことだけでなく、聞くことも同じく重要です。アクティブリスニング(相手の話を注意深く聞き、理解しようとする姿勢)を実践し、相手の意見を理解することが大切です。

適切なコミュニケーションチャネルの選択する

情報の重要性や緊急性に応じて、適切なコミュニケーションチャネル(対面、電話、メール、ビデオ会議等)を選択します。特に重要な情報は、直接的な方法で伝えることが望ましいです。

おわりに

以上、仕事が覚えられない原因とその改善策を紹介してきました。紹介してきたように、仕事が覚えられない原因は多岐にわたります。決して自分の記憶力が悪かったり、能力が低かったりするわけではありません。仕事が覚えられなくても、落ち込まず前向きに、日々に向き合いましょう。

▼仕事がなかなか覚えられないあなたにおすすめの一冊

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次