「恩がある・迷惑をかけられない」が理由で転職できない人に読んでほしい5つの言葉

3年で転職する

会社や上司、仕事仲間に責任や恩を感じて、転職をためらっている方もいると思います。

しかし恩や責任、人にかかるかもしれない迷惑(実際あまりかからない)は気にする必要がありません。

どうして気にする必要がないのか。その理由を紹介します。

スポンサーリンク

本当に良い上司、仲間ならあなたの転職を応援してくれる

一緒に仕事を頑張ってきた上司、仕事仲間に迷惑をかけてしまうのが申し訳ないという方もいるでしょう。

とくに大きなプロジェクトに一丸となって取り組んだ経験があるなら、その絆は固く、簡単に「転職」などとは言い出せないものです。

しかし本当にその上司、仕事仲間が、あなたと強い絆で結ばれているなら、あなたの転職も応援してくれるのではないでしょうか。

本当に良い上司、仲間だったらあなたの転職を応援し「また一緒に仕事をする機会があったよろしく!」くらいの声をかけてくれるはずです。

あなたが「転職する」といったとき、批判してきたり、足を引っ張るようであれば、その程度の関係だったということです。

そもそも一生、同じ会社で働き続ける人はいません。転職や定年で、誰もがいつかは会社を辞めるのです。その日が数年後か、数カ月後かの違いです。

ゆえに迷惑なんて気にしなくてもいいのです。逆にあなたも、仕事仲間が転職するときに、その人の転職を全力で応援できる人になってください。

スポンサーリンク

会社に尽くしても報われるとは限らない

せっかく自分を採用してくれた会社を辞めるのは、恩を仇で返すような気がするかもしれません。

しかし我慢して現職を続け、会社に尽くしたとしても、その恩を会社が感じてくれるわけではありません。恩を感じて、給料を倍にしてくれるわけでもありません。昇給もおそらくないでしょう。

会社や上司に恩を感じるのは良いことです。一方で、職業選択の自由があり、転職するかしないかは本人の意思で自由に決めることができます。

あなたがいなくても会社は回る

会社での自分の役割を理解する

「自分がいなくなったら会社の人に迷惑をかけるかもしれない」という心配があるかもしれませんが、その心配は不要です。

あなたがいなくても会社は回ります。明日会社を無断欠勤したとしても、いつも通りの仕事は回っています。

会社というものは基本的に、いつ、誰が欠けてもいいように、誰が仕事をしても同じ結果がでるように仕組み化されているものです。

たとえば業務マニュアルは、誰が仕事をしても同じ結果を出せるようにするためのものです。

送受信したメールや作成したファイルが共有することや、業務日報を提出するのは、誰が誰とどのようなやり取りをしているかを共有できるようにするためです。

このような会社の仕事は社員が欠けても滞りなく業務を継続できるようになっているものです。

言い換えれば。あなたは特別の存在でもなんでもなく、代替可能な社員の一人なのです。つまりいつでも転職してかまわないのです。

社員が欠けて回らなくなる会社はダメな会社

逆にいつ社員が欠けても大丈夫なように備えていない会社は、ダメな会社です。

社員が欠けるという誰でも予測できるような事態を予測できていないのですから。

誰でも容易に予測できるようなリスクを予測できない会社は、遅かれ早かれつぶれます。そのようなダメな会社に執着する必要はありません。早いうちに転職するべきです。

時間がもったいない(辞めたいと思っている仕事を続けるのは)

そもそも、辞めたいと思っている仕事・会社を続けるのは、時間の無駄だと思いませんか。

時間は有限です。

肉体は衰えます。年齢を重ねるごとに新しいことに挑戦しづらくなるといいます。

また転職市場においては、若手は経験がなくても重宝されますが、年齢を重ねるとマネジメント経験がないと簡単には転職できなくなります。

仕事においては、年齢を重ねるとデメリットが目立つ場合もあるのです。

にもかかわらず、「辞めたい」と思っている仕事を続けるのは、時間を無駄です。毎日が憂鬱なら精神的にも良くありません。今すぐ転職すべきです。

良い会社に転職できれば、憂鬱な毎日を過ごすこともありませんし、スキルや経験だってどんどん身につくようになります。

あなたが転職したいと思うなら転職すればいい

今の会社・仕事を続けた先にいい人生が待っていないと思うのであれば、転職すればいいのです。

会社や上司、仕事仲間に対する迷惑、恩は関係ありません。あなたが転職したいと思うなら転職すればいい、ただそれだけです。

今の仕事をダラダラ続けて、3年後に後悔しないかよく考えてみてください。

「転職できるのか、転職先がみつかるのか?」といった不安がある方は、以下のページで紹介している方法で、転職できるかどうかを確かめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました