合わない会社はさっさと辞めるべきなのか?辞めてしまってもいいのか?|判断基準を解説

合わない会社はさっさと辞めたほうがいいのか、辞めても大丈夫なのかですが、結論は年齢によって変わります。

20代ならすぐに辞めても問題ないでしょう。しかし30代以上なら少し考えてから辞めた方がいいかもしれません。

ではその理由について簡単に解説します。

スポンサーリンク

20代ならさっさと辞めてしまって問題ない

20代ならさっさと辞めて問題ないといえる根拠は以下の3つです。

  • 20代なら未経験でも採用してくれる企業が多い
  • 20代は吸収力が高い
  • 20代なら転職で失敗しても挽回できる

20代なら未経験でも採用してくれる企業が多い

20代なら採用してくれる企業はたくさんあります。そのことは20代を対象にした転職サイトがたくさんあることからもわかります(20代向けの転職サービス一覧)。

20代であれば、簡単に転職できると考えられます。たとえ未経験の職種や業界でも採用してくれる企業がたくさんあります。新たな職種や業界に挑戦するのに20代ほど適している時期はありません。今の会社が嫌ならさっさと辞めてしまって問題ないでしょう。

20代は吸収力が高い

そもそも20代は貴重です。体力もあり、また思考が柔軟なのでスキルや経験が身につきやすい時期です。この時期にスキルや経験をしっかり培っておけば、今後安定したキャリアをすすめる可能性が高くなります。

貴重な20代を合わない会社で過ごすのはもったないです。毎日憂鬱で精神的にも悪いですし、スキルや経験だって身につきません。やりがいだってありません。合わない会社で貴重な20代を無駄にしないよう、さっさと転職して、自分に合った会社で働くべきです。

20代なら失敗しても挽回できる

また20代であれば、たとえ転職で失敗しても挽回できます。転職した結果、「やっぱり前の会社のほうがよかった」となっても、また転職すればいいのです。転職を何度か繰り返し、最終的に自分にあった会社に転職できればいいのです。

そういったアクティブなことができるのも20代までです。

早めに退職すれば、退職金や企業年金で捨てる額が少なくて済む

転職のデメリットしてよくいわれるのが、退職金や企業年金がリセットされてしまうことです。しかし若いうちに転職しておけば、退職時に捨てる退職金、企業年金も少なく済みます。

どうせ転職するのであれば5年、10年勤めてから転職するよりも、1年、2年で転職してしまったほうが、退職金や企業年金で捨てる額が小さくて済みます。

また、早いうちに自分に合った職場がみつかれば、その職場で長く退職金と企業年金を積みたてられます。転職時期によってはボーナスをもらい損ねることがあるとしても、若いころの方が損失も抑えられます。

短期退職のメリットとデメリットは以下の記事でも解説しています。
新卒で入社した企業を1年未満で退職して後悔したこと・良かったこと

スポンサーリンク

30代以上の人は少し考えてから転職したほうがいい

30代以上の場合は少し考えてから転職したほうがいいです。「さっさと辞めていい」とはいえません。

その理由は、30代以上の人は簡単に転職できるとは限らないからです。

30代は簡単に転職できるとは限らない

30代が転職する場合、マネジメント経験やある程度の業務経験・スキルを求められます。

これまで培った知識や経験を活かせる職種であれば、転職は難しくないかもしれません。一方でまったくの未経験の職種になると難しいかもしれません。これはどの転職本にも書いてあることです。

転職できる確証が得られてから転職する

30代以上の方はすぐに転職するのではなく、いったん転職できる可能性が高いかどうかを確かめるのがおすすめです。

今の仕事をとりあえず続けながら、転職サイトやエージェントに登録し、仮で転職活動をするのです。

たとえば転職サイトに登録し、企業に応募してみて、面接に呼んでくれる企業があるかを確かめるのです。面接に呼んでくれる企業があるなら、転職できる可能性が高いと判断できます。ミイダスのような転職サイトは特に役立ちます。

またエージェントに相談してみて、転職できそうか相談してみるのもおすすめです。転職市場に精通しているエージェントなら的確なアドバイスをくれるはずです。dodaのようなエージェントがそれには適しているでしょう。

とりあえず、すぐに辞めるのではなく転職できる確証が得られるまで、退職を保留するのがおすすめです。

転職できるかどうかを確かめる方法は以下の記事でも解説しています。
自分が転職できるかを確かめる方法【3つ】

ブラック企業の場合はさっさと辞めたほうがいい

ただし今の会社がブラック企業で「これ以上続けるのは精神的にキツイ」という場合はさっさと辞めることをおすすめします。

まずは身の安全が第一です。精神的な病気になってしまう前に、安全な環境に移るべきです。

自己都合退職でも失業保険がもらえる場合があります。転職先がすぐに見つからなくても、失業保険がもらえれば、ひとまず食い扶持を得られます。

失業保険については以下のページでとても参考になります。
自己都合退職、会社都合退職の違い|知らぬは損?それぞれの退職メリット・デメリットとは? – エン転職

おわりに

「合わないな」と思いながら仕事を続けるのは楽しいものではありません。転職したほうがいいのかと悩むのも当然です。しかしさっさと辞めてしまっていいかどうかは、あなたの年齢によって変わります。

20代と30代では、転職市場での扱いがまったく違います。年功序列賃金制がまだまだ色濃く残る日本では、若い人のほうが安く雇えます。また20代に対して、いうことを聞いてくれそう、柔軟性がありそうといった漠然としたイメージを持っている人もだまだまだ多くいます。

このような年齢差別的なものが日本にははびこっているがゆえに、20代のほうが採用されやすいのです。まったく同じスキル、経験だったら、30代よりも20代が採用されるのです。

このような状況なので、さっさと辞めたいと思っても、ひとまず自分の年齢で転職できるのかを考えてみてください。

他にも当ブログでは転職の参考になる記事を紹介しています。ぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました